審美歯科の中で歯の見た目を改善~歯医者で素敵な歯をゲットする~

歯医者で歯を綺麗に!インプラント矯正やホワイトニングで悩み改善

美しい歯の特徴

歯はその人の印象を左右すると言っても過言ではない重要なパーツで、会話の中で自然と目に付く場所だけに常に綺麗な状態にしておくことが必要です。美しい歯と呼ばれる条件はいくつかあって、その一つが左右対称になります。前歯と呼ばれる真ん中の歯を中心に左右対称の形となっていることがポイントです。そして最も重要とされるのが色で、白く健康的な色をしていることが美しい印象を与える条件になります。

審美歯科と一般歯科の違い

治療を行なう目的の違い

一口に歯科と言ってもいくつかの種類に分かれていて、行なっている施術などそれぞれ異なります。その中でもあまり知られていないのが一般歯科と審美歯科の違いについてです。一見するとどちらも同じという印象がありますが、一般歯科は虫歯や歯槽膿漏といった歯の病気に関する地長を目的としています。それに対して、審美歯科は歯並びや汚れ落としなど美容を目的とした治療がメインです。

保険適用の有無

一般歯科では本人の希望がない限り、通常は保険適用内での治療を行ないます。通常歯医者は治療のために複数回の通院が必要となるため、この保険の適用によって費用の負担を減らすことができるのです。一方で審美歯科の場合は、大半が保険適用外の治療となっています。条件によっては適用されるケースもありますが、基本的には保険が効かないため治療費の負担が高くなってしまうので注意が必要です。

審美歯科の中で歯の見た目を改善~歯医者で素敵な歯をゲットする~

口元

審美歯科で行なわれている審美治療内容

歯医者の中でも、審美歯科について詳しく知らない人がいます。その人達の中には、どういった目的で利用すればいいのかについてわからないと言う人も少なくありません。前述の一般歯科との違いでも説明したように、審美歯科は美容を目的とした治療を中心に行なっています。そのため、並びの悪い歯を矯正したり、何らかの事情によって汚れてしまった歯をホワイトニングで綺麗な状態に戻すなどが主な治療内容です。都心などさまざまな場所にある審美歯科の中には必要に応じて虫歯の治療も行なっていることもありますが、美容の一貫として最低限の治療に留まるケースが多いとされています。

治療器具

注目のインプラント矯正とは

審美歯科の治療にはホワイトニングなどいくつかの種類がありますが、その中でも需要が増加傾向にある注目の治療方法がインプラント矯正です。このインプラント矯正とは、歯の矯正器具の一つにあるアンカースクリューと呼ばれるネジを歯茎の中ある骨に埋め込んで歯の動きを固定する治療法になります。このスクリューは船で言う錨のような役目を持っていて、この治療法によって以前よりも短い時間と高い成果を挙げる治療が行なえるようになったのです。同じような言葉の中にデンタルインプラントという言葉がありますが、こちらはなくなった歯をの代わりとして埋め込む治療なのでインプラント矯正とは違った治療となるでしょう。

ホワイトニングの流れ

男の人

医師との面接によるカウンセリング

一般的な虫歯の治療とは違って、歯のホワイトニングは治療を行なう上で求める結果が人によってそれぞれ異なります。当然、求める結果によって必要な通院の回数も違えば行なう治療方法も変わってくるため、カウンセリングが必要不可欠です。そういった点から、審美歯科の多くは最初のカウンセリングにしっかりと時間を掛けて、一人ひとりに最適な治療方法を提案しています。

口内環境のチェック

カウンセリングによって治療方法が決まったら、次は口の中の健康状態を知るための口内チェックを行ないます。もし、虫歯や歯周病の状態ではホワイトニングの治療に影響を及ぼすケースもあるので、必要に応じて先にそれらの治療を行なうケースも少なくありません。この時に希望するホワイトニングの場所以外でも気になる歯があれば、それを伝えることで健康状態を調べてもらうことができます。

治療の前に汚れを落とすクリーニング

虫歯など歯の状態に特に問題が見られなければ本格的な治療を行なう前の歯の汚れ落とし作業に入ります。クリーニングと呼ばれるこの作業は、ホワイトニングに必要なジェルを深部までしっかりと浸透させるためには必要不可欠です。このクリーニングはあくまで汚れ落としが目的となるため歯を削ったり痛みを感じるようなことはありません。

本格的ホワイトニング治療

クリーニングによって不要な汚れが落ちたら、次は本格的なホワイトニング治療です。虫歯の治療と同様に長時間口を開けていなくてはいけないため、必要に応じて治療の前に専用の器具を装着して無理のない形で口を開けていられるようにします。ホワイトニングは歯に特殊な光を照射して綺麗にする方法と、ジェルと呼ばれる薬剤によって色を綺麗にする2種類の方法があります。そのほかにも、病院への通院が難しい人のために自宅で簡単に行なえるマウスピースを用いたホワイトニング治療なども人気です。

治療後の副作用を防止するトリートメント

ホワイトニングは治療内容によっては歯を削るケースもあることから、治療後に知覚過敏の症状が起こりやすいとされています。そういった問題を防ぐために、治療後にフッ素加工によって歯を守って症状が起こらないケアを施して治療は完了です。

広告募集中