歯並びに悩んでいるなら矯正歯科へ!~歯並び改善法~

見た目だけじゃない?矯正歯科で歯並びを矯正した方がいい理由とは

歯並びに悩んでいるなら矯正歯科へ!~歯並び改善法~

歯型

見た目に関する治療ができる歯科の種類

歯の見た目を良くする治療ができる歯科は、大きく分けて歯列矯正を目的とする矯正歯科と、歯のホワイトニングや、歯にセラミックなどの被せ物をして、美しい歯を手に入れることを目的とする審美歯科の2種類が存在します。矯正歯科ではメタルブラケットやクリアブラケットなどの矯正装置を使用して歯並びを調整します。審美歯科ではセラミックやファイバーコアなどを歯に被せることで、歯が美しく見えるようにします。一般的には矯正歯科は数年ほどの期間を要することが多いのですが、専用の装置を用いるため理想の歯並びが手に入れやすくなっています。審美歯科では主に美容を目的とした治療が受けられますが、歯医者によっては軽度の歯並びの乱れならば調整が可能な場合もあります。そして、この矯正歯科や審美歯科の両方を行う歯医者も存在するので、歯の美しさを気にする方も本格的に歯並びを治したい方も積極的な通院をおすすめします。

歯

矯正すべき歯並びの特徴

矯正すべき歯並びとしては、下の歯が上の歯よりも前に出ている受け口、奥歯を噛んだ状態でも隙間ができてしまう開咬、上の前歯や上顎全体が前に出すぎている出っ歯などが挙げられます。これらの歯並びはものを食べる時だけではなく外見や滑舌にも影響を与えるので、なるべくなら早めの治療が望ましいとされています。

歯型

歯並びが悪いことによって起こるリスク

悪い歯並びである受け口や開咬、出っ歯には、深刻なリスクも存在します。受け口はサ行・タ行の発音がしにくくなったり、奥歯に虫歯が出来やすくなることがあり、開咬は前歯でものを噛み切るのが難しく、咀嚼時に筋肉に負担がかかりすぎるので顎関節症になりやすいです。出っ歯は普通にしていても口が開いた状態になりやすく、口内が乾くので虫歯ができやすいです。また外見にも影響を与えるため、体のみならず心にもダメージを与える可能性もあります。そのため、こういったリスクをなくすために、矯正は受けたほうがいいのです。

ワイヤー矯正とマウスピース矯正の違い

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正では歯にブラケットという装置を取り付け、そこにワイヤーを通し少しずつ歯を動かします。また、ワイヤー矯正は歯に装置を接着するので取り外せません。そのため、食事や歯磨き時にも装置はつけたままになります。

マウスピース矯正

マウスピース矯正は、透明なマウスピースを使うため目立ちません。また、一日に20時間以上マウスピースを装着し、約2週間ほどで新しいマウスピースに交換して、徐々に歯を動かすという方法になります。その他、ワイヤー矯正と異なる点として、マウスピース矯正はいつでも取り外し可能です。そのため、マウスピース矯正では取り外して食事や歯磨きができます。

広告募集中