男性

債務整理でお困りならプロに依頼で安心解決|相談でみえる明るい未来

法律専門職のサービスとは

説明

大阪はとても大きな街ですので、法律専門職の事務所がたくさんあります。ここ数年、相続関連の問題で専門家のサービスを利用する人が増えてきています。法的知識を何も持っていない素人は何かと不利益を被ってしまう可能性が高いため、法律専門職を利用する人が増加しています。

保険申請には社労士を活用

説明

横浜に住んでいる方が健康保険に加入する際は社労士に書類作成を依頼するようにし、申請に必要な期間を短縮できるようにしましょう。またネットから一括見積もりサイトなどを利用すれば、自分に最適な社労士事務所を検索できます。

町の身近な法律家へ

女性

東京都内でも相続に関する遺言書の書き方について、セミナー等を開催して教えてくれる勉強会を行政書士が開催していますので、まず、最初にどうすれば良いか疑問に思った方は、町の法律の相談家である行政書士へ尋ねると相談にのって貰えます。

お金が返済できない時には

弁護士又は司法書士へ

相談

借りていたお金が返済できなくなって、債務整理をする場合の相談は、できれば弁護士や司法書士の事務所で行うのが一番です。必ず事前にアポイントを取り、当日は時間に遅れないようにしましょう。しかし最初から事務所に行くのは敷居が高いとか、知人に弁護士や司法書士がいない場合は、市役所とか区役所、あるいは消費者生活センターといった公的機関の相談コーナーを利用するという手もあります。このような公的機関の場合は、大抵弁護士や司法書士が輪番で債務整理の相談を受け付けてくれます。 また、所得が少なくて費用が払えない場合は、法テラスの無料相談を利用することもできます。この場合はその人に合った弁護士や司法書士の紹介をしてもらえ、費用は一時的に負担してくれますので、後で分割で返済すればいいのです。

持参した方がいい書類とは

また債務整理の相談の場合は、契約書や取り引きの明細書といった関係書類を持参すると、相談がスムーズに行くことがあります。できれば自分の収入がわかるものや、他のローンの契約書などがあれば、それも持参するといいでしょう。弁護士や司法書士も、かなりの案件を抱えている以上、具体的な数字がわかる書類があれば、そその人の収入や生活に合った判断を下せるからです。無論、整理の対象にしたい金融機関のキャッシュカードや、クレジットカードも持って行くようにしましょう。 それから費用ですが、債務整理の場合は、任意整理で大体25万円、自己破産で30万円です。また債務額が140万円を超えて自己破産をする場合は、弁護士に依頼するといいでしょう。司法書士の裁判所での代理業務は、金額が140万円までの場合に限定されるからです。

おすすめリンク